2010年01月29日

現実は小説より奇なり

日本経済新聞の夕刊に掲載したルポだというが、こうした現地の暮らし、それを取り巻く行政を淡々と記者の主観をあまり交えずに書いてあるので、とても面白かった。

こういう連載があるというのは、とても素晴らしい。

ルポ 日本の縮図に住んでみるルポ 日本の縮図に住んでみる


情報というのは、色々とあった方がイイし、ソコでこうだと決めつけられない方が良いと思う。

こういうコトがありました、そういうコトもありましたと情報を提供してくれて、判断を読者に任せて貰った方が、心に残る。

山谷・釜ケ崎と並び、横浜の寿が三大ドヤ街とは、恥ずかしながら知らなかった。無論、山谷と釜ケ崎はあまりに有名なので知っていたけれど‥‥

「年越し派遣村」みたいに大騒ぎにならないけれど、ソコで様々な人が、色々な考えの元に活動をしている。

ソレに対して、あまり主観的でナク、淡々とレポートしてくれているので、逆に心に沁みる。

有名人のYさんという人が、語る人によって違うという話も圧巻だった。

要するに、歴史の全てが勝者の歴史であり、一方的に語られやすいのだけれど、現実は本当に多角的で、真実が何かというコトを知るコトは、とても難しい。

なるべく、生の素材をいじくり回さずに、情報として伝えてくれるコト。ソレが簡単な様で、難しいのが今の時代なのかもしれない。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

 
にほんブログ村 健康ブログへ