2011年07月06日

矢でも鉄砲でも‥‥

という比喩もあるが、流石に関西電力の「テポドン」でもと言う発言には、驚いた。

安全確保に万全を期し、信頼回復を図りたいという気持ちは判るが、コレでは逆に受け止められかねない。

どう考えても「無理を通せば、道理が引っ込む」というワケには行くまい。

とても専門らしくナイ発言は、信頼を失うだけだと思っていたら、類似の体質は電力会社全体の問題らしく、九州電力ではやらせメールを依頼したコトが発覚した。

要するに、本当に安全であれば国民も再稼働を容認するのだが、その安全宣言がどうも信用出来ないと思うから、反対と言っている人が多いワケで。

どうして、再稼働をしようとする前に、安全性確保に大事な工事などを前倒しでするといった手を打たずにいるのかが不思議。

安全だと言ってから、ストレステストをすると言う政府もしかりだけれど、物事の順番が違うんじゃないかと。

口先だけの安全宣言など、もう何の役にも立たないコトが、今回の大地震や津波で証明されてしまったワケで。

今日も、明日も忙しく働く予定なのだが、今週が何時もよりやたら忙しいのは、皆がストレスでイライラしそうなコトばかり、報道させているからかもしれないとマジで思ってしまいそう。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
安全の基準を根本から見直さないで安全と言われても信憑性がないと思うのですが、電力会社や政治家や官僚の方々はどのように考えているんでしょうかね?今の対応で十分だと思っているとすれば国民を馬鹿にしているとしか思えませんし、その感覚にあきれてしまいます。
Posted by 鍼医K at 2011年07月06日 23:47
鍼医Kさん、おそらく国民は皆、打ち出の小槌くらいにしか思われてないんでしょう。

税金と言えば税金、電気料と言われれば電気料を払うだけの‥‥
Posted by koyuri at 2011年07月07日 22:31
ヤラセってマスコミやTV局だけかと思ってましたが、とうとう民間企業までも・・・。
世も末だなと感じますが、政界にもヤラセは多分あるんでしょうね。
Posted by 俊樹 at 2011年07月10日 16:14
俊樹さん、ネットなどは特に誰かが判り難いのですから、ヤラセの温床になりやすいでしょうけどね。

どの世界にも、多かれ少なかれヤラセはあると思います。
Posted by koyuri at 2011年07月10日 20:33
 
にほんブログ村 健康ブログへ