2011年07月26日

ココまで馬鹿にされて黙ってられるか

と思ったのが、、「日本原子力文化振興財団」がかつてまとめた、原発推進のための犢駝雲脳マニュアル瓠

同財団は、文部科学省、経済産業省という、国の原子力推進のツートップ官庁から業務委託を受け、「原子力への国民の理解増進に寄与するため、様々な広報活動を展開」(同財団事業報告書)する組織だという。

この財団は犖胸厠和辞瓩らの上納金と、「税金」によって運営されている。


以下に、マニュアルを抜粋すると、

事故時はみんなの関心が高まっている。大金を投じてもこのような関心を高めることは不可能だ。事故時は聞いてもらえる、見てもらえる、願ってもないチャンス

夏でも冬でも電力消費量のピーク時は(原子力が)話題になる。必要性広報の絶好機である

原子力による電力が爐垢任冒甘杜呂了以の一も賄っているなら、もう仕方がない瓩搬臺は思うだろう

原子力に好意的な文化人を常に抱えていて、何かの時にコメンテーターとしてマスコミに推薦できるようにしておく

マスコミ関係者との個人的なつながりを深める努力が必要ではないか。接触をして、いろんな情報をさりげなく注入することが大事だ。マスコミ関係者は原子力の情報に疎い

テレビディレクターなど制作現場の人間とのロビー作り(利益代弁者作り)を考える(テレビ局を特定してもよい)。特定のテレビ局をシンパにするだけでも大きい意味がある

人気キャスターをターゲットにした広報を考える。事件のない時でも、時折会合を持ち、原子力について話し合い、情報提供をする

誰が考えても、原子力は危険なものだ。危険でも安全に注意して扱えば安全になる。青酸カリでも火でも、なんでも同じだ


コレを読まされて、関係者以外では頭に来ない人は存在するだろうか。

原発で避難している方がコレを目にしたら、「ふざけるな!」と怒鳴りこみたい気分だろう。

なるほど、だからこそ、シンパとなっているテレビ局も存在するのだとも思ってしまうのだが‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

 
にほんブログ村 健康ブログへ