2011年08月19日

常識は変化する

ほんの少し前に、常識だと思われていたコトが、今や非常識になろうとしている。

それを後押ししているのは、ネットなどによる世界中との個人個人の結び付きなのかもしれないという本。

マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びとマイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと


個人個人が、自由に自分の意思を打ち出せるコトが可能になれば、「メガトレンド」はもう生まれ難くなる。

その変わりに、ソーシャル・ネットワークなどを利用すれば、かなり変わった個人的な志向の持ち主も、世の中には複数存在するコトがその場に居ながら判り、交流するコトも可能になる。

無論、バーチャルの世界でなのだが、しかし、それが徐々に世界に風穴を開けようとしている。

つまり、ニッチな商売でも可能になったり、オタクであっても同行の志を見つけ出すコトが可能になるというのだ。

遠距離恋愛や、別居結婚も増加するし、男女共に歳の差がある結婚など、あらゆる形態が前よりも増え、以前の常識にしばられない生活が世の中に増えるという。

この本は、アメリカの分析の翻訳なのだが、日本でも類似のコトは既に起きつつある。

というか、そういう部分を選択的に拾い出して翻訳した本なのだ。

今、日本ではオジサンと若い女性との結婚が話題になったりしているが、それらもその中の一つとして取り上げられている。

自由になるというコトは、何が正しいと言いきれなくなるコトであり、子育て一つをとっても逆に難しい問題になってしまう。

選択肢が増えるというコトの、良い面と悪い面を理解して、これからの人生に様々な参考とすべき本なのだと思う。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
常識は変わっていっても、ここだけは変わって欲しくないというところもありますね。少なくとも他人に危害を加えないような形であって欲しいですね。
Posted by 鍼医K at 2011年08月20日 00:02
表現方法や情報発信の仕方が複雑多岐に亘る現代では、個人の常識=世間の常識とはならないようですね。
今では、子どもから老人までツイッター等を始めているそうで、スマートフォンなどの端末が更にそれを後押ししているようです。
Posted by 俊樹 at 2011年08月20日 15:40
鍼医Kさん、アラブ諸国が独裁から抜け出そうとしているのは正の部分ですが、イギリスの略奪は負の部分ですね。

ともあれ、ネットは様々な交流の形態を生み出していると思います。こうしてコメントを互いに交わすコトが可能になっているコトも含めて。
Posted by koyuri at 2011年08月20日 21:18
俊樹さん、常識の中には無理な常識もあり、そうしたモノは消えて行く運命にあると思います。

無理に左利きを矯正しなくなるとか‥‥
Posted by koyuri at 2011年08月20日 21:20
ネット社会になって様々な情報が入ったり、私たちのようにブログを通して自己表現が出来る良い面もありますが一方、おっしゃるように「常識」の枠を超えていろいろ問題も起きるのもネットですよね。

そしてネットを使用した戦争にも心を痛めるのです。
Posted by takachan at 2011年08月21日 15:43
takachanさん、本当にそうです。

ネットも、正しく使うしかありませんよね。
Posted by koyuri at 2011年08月21日 21:17
 
にほんブログ村 健康ブログへ