2011年08月29日

今日の注目は馬淵前国交相

丁度、昼休みの時間だったので、民主党の代表選挙を本を読んだり、昼食後は昼寝をしつつTVを聞いていたのだが、何より気になったのが、馬淵候補の演説。

おそらくTV的には相応しくナイと判断したからか、ホトンド触れられていなかったが、「田中角栄」元首相をとても称賛していた。

なので、これはもしかして一匹オオカミならぬ、一匹ゴリラを自称している方が、やはり政治は数というコトを感じての、何らかのサインかと思っていた。

ところが、NHKは野田佳彦財務相、海江田両氏が争った決選投票を実況中継するなかで、男性アナウンサーが「鹿野道彦農林水産相の陣営は野田財務相に一致して投票する方針を確認した。また、馬淵前国交相は今日午前の出陣式で、決選投票になった場合は海江田経産相以外の候補者に投票するよう自らの陣営に呼びかけた」と伝えた ので、変だなと思っていた。

ところが、その後「正しくは馬淵さんが『増税はすべきでなく、決選投票になった場合は私の政策に近い海江田さんに投票していきたい』と表明した」と説明し、報道内容を訂正したと聞いて納得したのだけれど、現在、携帯電話でワンセグという手法を考えると、投票行動に影響した可能性があり、天下の大誤報とも言えるだろう。

訂正報道は聞いて無かったけれど。

ともあれ、今回の馬淵氏の行動は、もしかしたら来年の代表選への布石になるのかもしれないとすら感じた。

増税で、本当に日本経済が良くなるのかというと、一時かなり上昇した株価が小幅続伸で終わったコトを考えると、おそらく先行きは暗いと思われる。

海外に輸出する企業は、消費税の戻しがあるので良いかもしれないが、消費税の導入は必ずや、国内消費を冷やす可能性が高い。

来年、もう一度代表選挙になった場合に、野田さんが日本を良くしていれば別だが、来年だけではナクても、何時の日にか今日の布石が結実する時が来そうな感じがした。

本当にそうなるかどうかは、将来にナラナイと検証出来ないだろうが、第三者的に考えると、とても気になった出来事。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

 
にほんブログ村 健康ブログへ