2011年08月30日

永田町の回転ずし

明日の組閣を控えて、寝れない人々というのも存在するんだろうなと思ったのが、こちらの本。

今日は、本当に忙しくて、疲れてしまったのですが、政治家というのも大変な仕事だったり、そうでなかったりしそうで怖い。

ともあれ、昔から「末は博士か大臣か」という言葉があるだけに、二度と回らナイかもしけない大臣という椅子に座りたい人々は、イライラしながら今晩を過ごすのでしょうけど‥‥

永田町の回転ずしはなぜ二度回らないのか―政治家の名言・格言に学ぶ最強の処世術100永田町の回転ずしはなぜ二度回らないのか―政治家の名言・格言に学ぶ最強の処世術100


ともあれ、表題とは違い特殊な政治家という世界の話と思って読むべき本だとも思いますが。

過去の様々な政治を思い起こさせる本です。

様々な権謀術数が渦巻く社会で、生きる人々の生態を知るには良い本かもしれません。

ともあれ、「政治家は次の時代を考え、政治屋は次の選挙を考える」という読み人知らずの言葉を思うと、野田さんの最大の勝因は、「選挙をしばらくしない」と言ったコトなのでしょう。

次はナイかもしれないから、今の内に将来に備えておこうという新人議員の方々も、いらっしゃるコトでしょうから‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
柳の下にどじょうが二匹、なんて事はありませんね。
Posted by 俊樹 at 2011年08月31日 00:37
俊樹さん、どうしようにナラナイ事を祈りたいです。
Posted by koyuri at 2011年08月31日 09:35
 
にほんブログ村 健康ブログへ