2012年08月15日

未来は予測不能

今日は、34年ぶりに同級生と再会しました。

正直、歳月は人を変えるモノだと痛感しました。

無論、思いもよらない程、立派になって居て良かったのですが‥‥

さて、昨日の著者の本ですが、立て続けに4冊読みまして、重複する部分も多かったりして、でも最大の感想は未来に何が有っても不思議ではないホド、世の中は複雑だし、流動的だというコト。

多くを書かないのは、自分で読んで判断して頂きたいからですが、正社員を減らし、労働者を奴隷化しようという人々が、世界中に格差社会を作り出しているコトだけは、間違いナイというコト。

ゆえに、日本の少子化は、世界的には歓迎されて居る可能性があるので、簡単には解消しないだろうというコトでしょうか。

メルトダウンする世界経済―闇の支配者と「金融大戦争」のカラクリメルトダウンする世界経済―闇の支配者と「金融大戦争」のカラクリ


タダ、人生は自分で気付いて変える努力をすれば、何時でも間に合う可能性は残されています。

マスコミのいうコトに洗脳されるか、より雑多な思考を求めて、色々な意見に耳を貸し、その中のどれが真実なのかを、自分で見分ける努力さえすれば。

ともあれ、ナショナリズムを鼓舞しようとする勢力には、本当に気をつけないと、戦争に巻き込まれかねません。

情報の取捨選択をチャンと出来ないと、自分の首を自分で締めかねないと心しないとダメみたいです。

過ちはもう沢山だと、敗戦記念日にそう思います。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

 
にほんブログ村 健康ブログへ