2012年08月26日

気ままに生きた方が長生きする?

本日読んでみたのが、こちらの本。

「がまん」するから老化する (PHP新書)「がまん」するから老化する (PHP新書)


メタボだからと食べるモノを制限するのが、本当に良いのか?

酒やタバコも、歳をしてからなら止めても止めなくても、そんなに変わらないのではないかなど、斬新な発想の指摘に驚く人も多いのではないか。

メタボに関しては、既に他の方の本を紹介しているので、以前のブログを読んでいらっしゃる方々は、御存じだと思うが、やや太めの方が長生きするので、あまり深刻にならない方が良い。

ちなみに、精神科の医師としての面目躍如というべきか、心を若くもつコトを特に老化防止のタメに推奨している。

自分の年齢にこだわらず、少しお洒落な服を着たり、積極的に人付き合いしたり、前頭葉刺激のタメにはプラトニックでイイから、恋愛感情を抱いたりして、代わり映えのしない日常に、強い刺激を求めるコトの必要性を説いている。

老後のタメにと、お金を貯め続けてボケでしまうよりも、楽しくお金を使ったりして、人生を有益に過ごし、出来れば無理にならない程度の仕事をして生涯現役でいる努力が、ピンピンコロリへの最大の近道なのかもしれない。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
脳を活性化するという意味ではそこそこ刺激が多い方がいいかもしれませんね。先のことも考えなければいけませんが、「今」を有意義に生活することも大事ということですね。
Posted by 鍼医K at 2012年08月26日 23:45
私の老後の理想設計が全て網羅されていてとても納得いたしました。
生涯現役ピンピンコロリが最高です!

Posted by takachan at 2012年08月27日 06:58
やや太目の方が長生きする言うより、私も多少メタボ気味ですが、誰しも健康に配慮し、お年寄りになっても、我が母81歳の様に何か少しでも、自分の身体において変わった事が見つかれば病院へ行く。この生活スタイルで進めば、健康長寿が出来そうな気がしてきてます。
Posted by 智太郎 at 2012年08月27日 14:28
鍼医Kさん、「今」を大事にしてこその、未来かもしれませんね。
Posted by koyuri at 2012年08月27日 21:11
takachanさん、理想通りに楽しく生きられれば最高ですね。
Posted by koyuri at 2012年08月27日 21:12
智太郎さん、痩せてうつ病になりやすくなるよりは、多少太っていても長生き出来るのであれば、その方が良いと思います。

病院も、良い先生に巡り合えてこそではありますね。
Posted by koyuri at 2012年08月27日 21:14
最近、妙に若がえって来ました…。
いい事なんですけどね。この調子が長く続くといいのですが。

この天国の涙は娘が幼い頃に飼っていたオカメインコが死んでしまい、娘からリクエストされて創った詩なんです。
Posted by 俊樹 at 2012年08月30日 00:20
俊樹さん、恋は人を活性化させますしね。

無理せずに、マイペースで行けば長生き出来ますから。
Posted by koyuri at 2012年08月30日 20:30
 
にほんブログ村 健康ブログへ