2014年03月22日

本当に疲れました

地方都市の長野では、何処に行くにも車でドアからドアへの生活をしているので、とにかく大都市へ行くと階段が多くて疲れました。

足がボロボロになってしまい、娘の鍼灸整骨院へ御挨拶に行ったのですが、まず治療をして貰わないとダメな位で、歳をしみじみと感じました。

なので、本日は何時もと違った話題で。

ジャガー横田夫の不倫騒動」の記事を読んで思ったのが、シングルマザーの女性の怖さ。

この女性のコトは判りませんが、知人の息子さんも会社の経理に入って来たシングルマザーの女性に押しまくれて、子供が出来てしまい、奥さんの方も別れないというコトで、中々大変なコトになったみたいで、主人の母に知人の方が、困ったコトだと何年も前に愚痴ってました。

なので、昨年、御客様が会社の経理の人を探していても、「中々、良い人が来なくて困っている」と言うお話の時に、シングルマザーの女性が一度は断ったのだけれど、「どうしても面接をしてくれと言うほど強気なので、採用を考えて会った方が良いかしら」と聞かれました。

御客様が、違う所の監督をしなくてはならないという経緯だったのですが、「シングルマザーという事に偏見を持って言う訳ではありませんが、知り合いの方の実話として、こういう話があるので、あまりお勧め出来かねます。御主人が、どんなに立派な方でも人生を掛けて、策略を巡らされてしまうと、どうにもならなくなる場合もありますし」とアドバイスさせて頂きました。

それから数か月して、望んでいた様な男性が見つかり、結果オーライとなりましたが。

シングルマザーであっても、そんな不道徳なコトはしないという人も多いでしょうが、中にはそういう人も存在するというコトを知ってしまえば、やはり危ない道を選択した方が良いとは言えません。

無論、男性の側に問題があるのですが、それでも人間は石でもなければ、木でもナイのですから、誘惑に絶対に惑わされないというコトは無理。

今回の騒動は、「お手当て20万円を振り込んだ証拠や、LINEで、甘える様子、思い通りにならないと威圧的になる様子までバラされ」たというのですから、相手の女性も相当のモノ。

世の中には、色々な人が居るというコトを知って、品行方正とまでは行かなくても、ハメを外す限度は忘れない方が良いというコトでしょうね。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

 
にほんブログ村 健康ブログへ