2015年03月05日

事実婚のススメ

以前も書いたと思いますが、初期の医療小説が特に好きだった著者が、こんな本を出していたんだと思って借りて来た本がこちら。


日本の少子化を憂いてとのコトですが、事実婚が可能になるには、女性の自立が必要だと思います。

ともあれ、法律婚なればこそ、時に危機的な場合も乗り越えられると思いますけど、中々、難しい問題かも。

友人にも事実婚している人は居るのですが、「偉い」と思いこそすれ、批判する気はありません。

でも、何時までもダラダラしなくて良いとは思えど、自分はズボラなので疲れそう。

人生、何時もときめいていたいのであれば良いでしょうが、家族になって、互いの嫌な部分も見せるというのも、楽な様な部分もあり。

タダ、お互い様ですが、結婚は他人だった二人が一緒に暮らすのですから、「忍耐」が必要。

面倒だから、結婚したくナイという気持ちも判ります。

無論、一生自分がボケずに健康的に生きていられれば、無理に結婚する必要もナイのですが、長生きしてまうリスクを思うと、次世代が居た方が、多少は安心かと。

やはり、人生は持ちつ持たれつだったりするので‥‥

同性婚だろうと、事実婚だろうと、したい人にはさせてあげたらと思うので、もう少し日本も法律的に柔軟になったら良いとは思います。

旧弊な考え方を押し付けられるのが嫌で、結婚という枠組みに入りたくナイ人も必ずや存在すると思いますし。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
長生きしてしまうリスク・・・

そうですよね 長生きって良い事みたいに言うけど
リスクでもあるんですよね・・・
Posted by ガンプランナー at 2015年03月06日 07:53
結婚して10年経つとなんか、もう俺が嫁より先に死んだ場合や嫁が先に死んでしまった場合なんかを嫁に語りだすと嫁は少しうんざりしてます。でもなーんか?高齢社会の日本で少子化でしょ?子は作りそうにないし、でもキャバクラ遊び行き僕に嫁は怒らないし。
Posted by 智太郎 at 2015年03月06日 16:56
ガンプランナーさん、今の老人は戦争で苦労をして人口も少ないので、何とか社会で支えられていますが、その内に無理になる時が、遠からずやって来ると思います。

子供が居るから大丈夫というコトは無いかもしれませんが、頼れる人が皆無だと、かなり厳しい状況にというコトも、充分考えられますから。
Posted by koyuri at 2015年03月06日 20:11
智太郎さん、日本は養子縁組も血縁じゃないと大変だったりします。

何れ書くつもりですが、血縁以外でも大事に育てるという選択肢があれば、もっと違った展開もあるのではと思いますけどね。
Posted by koyuri at 2015年03月06日 20:15
こんばんは

我が人生を振り返ると・・・
ぐさりと来ます

事実婚が長くなるとその先がどうでもよくなってしまいます
若い頃は少子化や老後なんて考えなかったですからね
もう少し考えて行動しておくべきだった!
Posted by k-hirata at 2015年03月07日 20:00
k-hirataさん、こんなに長寿社会になるとは思いませんでした。

百歳なんて、夢のマタ夢でしたけど、今は逆に単に喜ばしいだけではナイと判ってしまいましたし‥‥
Posted by koyuri at 2015年03月07日 21:56
 
にほんブログ村 健康ブログへ