2015年06月17日

18歳に選挙権というが

何を慌てて、二十歳から成人年齢を下げる方向に動くのかというコトと、違憲とホトンドの憲法学者に言われても、集団的自衛権を政府が行使したがっているのを合わせて考えると、多少不気味になる。

というのも、
徴兵制については、石破茂地方創生担当大臣が「徴兵制をとるかどうかはその国の政策判断。日本では徴兵制は憲法違反という人がいるがそんな議論は世界中どこにもないと憲法調査会で述べている」、横畠裕介内閣法制局長官が「憲法上禁止されている」と答弁したそうだが、現行憲法では徴兵は国民の義務であり、苦役には当たらないと政府が解釈変更し、閣議決定すれば、集団的自衛権行使の容認と同様の論法で、徴兵制がとれることになる。禁止であれば禁止と明示して担保することが必要になりそう。
というコトだし、
小林節氏(慶應義塾大学名誉教授)が開いた記者会見の中で、安倍政権を影から支配していると言われている「日本会議」について明確な言及があり、日本会議の人々に共通する思いは、第二次大戦で敗けたことを受け入れ難い、だから、その前の日本に戻したい、かれらの憲法改正案も明治憲法と同じですし、今回もそうですが、日本が明治憲法下で軍事五大国だったときのように、アメリカとともに世界に進軍したいという、そういう思いを共有する人々が集まっていて、かつそれは、自民党の中に広く根を張っていて、かつよく見ると、明治憲法下でエスタブリッシュメントだったひとたちの子孫が多い、日本会議は安倍晋三首相を始め、安倍政権の閣僚が8割以上も所属している一大組織で、大企業の関係者や知名度を持った有識者らも所属しており、正に日本の政治情勢を影から動かしていると言えるのに、日本のメディアは小林氏の回答を報じないばかりか、日本会議の存在その物をあまり報じていません。
とも報じられているからだ。

女性の結婚年齢18歳に=自民提言というコトで、刑法の若年者への厳罰適応を目指しているというよりも、成人年齢を18歳にして、高校卒業と共に、男女共に徴兵制などという時代が、日本に訪れないコトを願っている。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんにちは

徴兵制、考えられない事では無くなってきましたね
この先どうなっていくのか判りませんが
国民が望む政治を求める為にはまず最初に
投票に行くことだと思います
我々は投票でしか意思表示が出来ませんからまずは
選挙に行くことの重要性を若い人に伝えたいですね
Posted by k-hirata at 2015年06月18日 14:35
k-hirataさん、この狭い日本という国を守るには、他国と争わないコトに尽きると思います。

もう、簡単には他国を侵略出来ない時代になっているのですから、ケンカは売らないし買わないのが得策です。
Posted by koyuri at 2015年06月18日 20:31
 
にほんブログ村 健康ブログへ