2015年08月24日

相手の心が読みたいなら

必ずしも、本の通りとは言えない部分はあるものの、一読しておいた方が周囲との関係を客観視出来るのではと思うのが、こちらの本。


例えば、相手に痛いところを指摘された時、「そんなことはない」とか「それは違う」と反論する人の方が、実は気が弱く、「そのとおりです」とか「ごもっともなご指摘です」と相手の言い分を完全に認めてしまう人の方が、かなりやり手なタイプだという。

自分の弱点を指摘されて血相を変えて反論すると、互いの感情を逆なでするだけでまったく生産的ではない。

逆に相手の目のつけどころの鋭さを褒めて、相手を持ち上げると、さらに攻撃しようとしていた相手のエネルギーが吸収され、ムダなバトルにならないと。

相手の感情をコントロールして、その後の主導権を握った方が得だと考えた方が、一枚上手だという。

そうした心理的な話題が沢山載っているので、交渉事が上手くなりたい人には、必読の一冊かもしれない。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんばんは

気になるタイトルの本ですね
図書館チェックしてみます

前回のコメ、実感しています
図書館の充実などわが町は人口増加などで潤っていると言えます
実に住みやすくイイ町です
子育て世代に選ばれる町は自慢でもあります

凸凸
Posted by k-hirata at 2015年08月25日 21:13
k-hirataさん、交渉事の多い人には役立つと思います。

図書館と言えば、やっと我が県は、国立大学と県立図書館が連帯して、相互貸し借りが出来る様になりそうですが、最近の県立図書館はお金がナイらしく、今は市立図書館にばかり行ってますす。
Posted by koyuri at 2015年08月25日 21:57
 
にほんブログ村 健康ブログへ