2015年09月02日

日本沈没の前兆か?

新国立競技場の白紙に続いて、東京五輪エンブレムの撤回が決まり、日本の内々での選定の問題が、世界中に広まっている感がある。

それにしても、新国立競技場にしても、東京五輪エンブレムにしても、本格的に誰も大した責任を取る様子もナイ。

それにしても、厚顔無恥というか、新国立競技場の最初の金額は1300億円という話だったのに、倍近くに金額が膨らんで計画変更となったら、1500億円程度に減ったと胸を張って言われてしまうと、詭弁としか思えず。

東京五輪エンブレムにしても、経産省絡みの背後関係なども囁かれるなど、日本お得意の政官業の癒着の構造と、他国から見られかねない状況。

アベノミクスのバケの皮も剥がれつつあるけれども、官制相場も崩れ始めている。

そもそも、国内の景気が悪いのを、他国の人々の爆買いで何とかしようとするのが無理な話。

正規雇用が減り、非正規雇用が増えてしまえば、安心して買い物をしたいとは思えず。

加えて、最近は「下流老人」などという話題も増え、年金は60歳から貰えず、支給開始年齢は遅くなり、支給金額も減るのは確実で、医療費や介護費の増大も確定的となれば、財布の紐が緩まるとも思えず。

それでも、多少の光明は米国主導の植民地的政策に否定的な勢力が、徐々に増大しつつあるコト。

地に墜ちて初めて、やっと今の政治の問題が表面化したというコトか。

偽物の「愛国心」ではナク、本物の「愛国心」によって、少しづつ未来への希望が見えるコトを期待する以外、無いのかもしれない‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
今の自民党政権の政策の裏側がボロボロと出てきましたね。
アべノミクスもボロが出始め円相場も怪しくなってきて、オリンピックもスタートからあやが出てこの先どうなるのか・・。
また「安保法案」は強行採決されるでしょうが8月30日の12万人の民衆による国会デモ。
自公政権はこれらの民意に聞く耳をもたないようで、いっそ
「安保法案」を国民投票にしたらどうでしょうか。

それにしても今の野党にはもっと力をつけてもらわないといけませんよね。
Posted by takachan at 2015年09月03日 07:24
takachanさん、全くです。

与党も野党も、自己保身の政治家が多過ぎです。

結局、法案がどうかというよりも、自分が次の選挙で受かるかどうかにばかり、心が行ってる様な気がします。
Posted by koyuri at 2015年09月03日 22:17
 
にほんブログ村 健康ブログへ