2015年09月06日

タダ、足るを知る

というコトを、子供時代から教え込まれていると、あまり過大な望みを持たなくなる。

ともあれ、現実的で、実現可能そうなコトを求める方が、疲れないと思うので、非現実的な期待を持たないと、世の中には、そうではナイ人も多いのだなと思うのも、逆に刺激的。


おそらく、著者とは年代が一緒なので、読んでいると、そんな時代もあったなと思うけれども。

ともあれ、「人と自分を比べて困っている」という人には、一読する価値があるかとも思うが‥‥

要するに「自分は自分」とさえ思えれば、本など読まずとも幸せになれると思います。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんにちは

復帰しました ボチボチ日常生活を取り戻しつつあります
ご心配をおかけいたしました

人と比べる、比べられる生活から脱出して以降
ホントに気持ちが楽になりました
でも本は読み続けていきそうです

凸凸
Posted by k-hirata at 2015年09月07日 14:13
k-hirataさん、何時もの日常というのは、かけがえのナイものです。

穏やかな気持ちで、日々暮らして行って下さいませ。
Posted by koyuri at 2015年09月07日 21:18
 
にほんブログ村 健康ブログへ