2015年09月14日

国勢調査、さっそく偽サイトというけれど

当然、その可能性は考えられてしかるべきかと。

「被害の報告はない」というのも、信じて良いのかどうか。

調査票を回収して、コンピューターに打ち込む手間を省くというものの、ネット回線に個人情報を入れるというのは、危険性が高いのでは。

適当に書いても許されるアンケートならともかく、国勢調査は‥‥

ネットでの回答をしない家庭にだけ、調査票を持って来るという話ですが、我が家は既にネットでの回答を拒否しています。

確かに、解答用紙を無くすという可能性はゼロではありませんが、少なくともネットに載せてしまって、変なトコに届いたら、困るでしょうし。

もっと、情報には慎重になるべきかと。

国勢調査を装った不審な電話などもあるそうですし、現職警官が勤務中に知りえた情報を基に、強盗殺人というニュースもあったコトですし、もっと慎重にしないと、国勢調査への回答をしたくナイという人々も増えるのではないかと。

ネットで解答して貰えれば楽だと、収集する側は思うかもしれませんが、収集される側も便利になったと短絡的に考えるのは危険だと思いますね。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんばんは

目の前の国勢調査のお知らせが置かれています
利用案内と書いています

郵便ではなく 誰かが持ってきた
父に聞くと「また来ます」とだけ言って置いていったらしいです

怪しい! ネット回答は怖くて出来ませんね

凸凸
Posted by k-hirata at 2015年09月15日 19:24
k-hirataさん、チャンと身分証明書を持って居る人なら、大丈夫だと思いますが、それ以外は信用出来ませんね。

ネット回答はかなり危ないと思います。
Posted by koyuri at 2015年09月15日 20:51
 
にほんブログ村 健康ブログへ