2015年09月20日

品位を失っているのは人間

世の中はシルバーウィークですが、色々と雑用も多く。

ともあれ、本日読んでいる本の中で、かなり気になった言葉が。


上記の対談本の中に、書かれているのですが
鎌田 ‥‥人間も動物であるかぎり、品位・霊位というものをもっていると思うんですが、どう考えても、世界の動物の中で、最も品位・霊位を失っているのは、人間なんじゃないかと思えてきます。

五木 ええ。同類で、これだけ殺し合う動物はいない。そのことを考えれば、人間はなんとも言えない最低の動物でしょうね。同じ種族でこれほど殺害しあい、生命を抹殺しあう動物なんて、ほかにいないもの。
戦争法案と呼ばれる事案も、全ては人間の欲に基づくもの。

欲と欲のぶつかり合いが、戦争だとすれば、欲を持っている人に欲を持って対するのは、如何なものかと。

大正時代に「つぎの戦争は、真珠湾からはじまり、空の戦争になる。やがて広島に大爆弾が落ちて、日本は潰れる」という予言をしていた人が存在したとは、もしかしたらチラッと読んだコトがあるのかもしれませんが、その人物の名前は知っていても、その言葉は全く知らなかったので驚きました。

その人物を二度も国家弾圧して、結局、予言通りに破滅の道を進んだのが日本という国だというコトを、我々は改めて覚えておく必要があると思います。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
そうですね?人間が生物の中で優れた脳を持ってるとしても大昔から醜い陣地や権力の為に殺し合い、悲惨な目にあってきてますね?僕は時々、妄想します。猫や犬等多くの動物や、紀元前から生きてると言われてるゴキブリ等、人間が決めた医学的に観ると脳は小さく、弱く見えますが、実はそういう生物達の脳は別の所に多くあり、上手く我々人間を利用して生き続けてるのではないだろうか?とイメージしてます。わざと弱く短命を過ごし、気持ち・心も人間より、多く持ってるのではないかと。
Posted by 智太郎 at 2015年09月20日 23:24
智太郎さん、おっしゃる通りだと思います。

普通の動物は、同じ種族とは殺される可能性が実際に無ければ戦いませんし、傷付いて戦闘能力が無くなればトドメを刺すとも限りません。

『もしかしたら』という疑いだけで、ドンドン殺してしまうのは人間だけだと思います。
Posted by koyuri at 2015年09月21日 09:18
 
にほんブログ村 健康ブログへ