2015年09月24日

エンデュランスとは

馬にも耐久レースがあったんだなと、驚きました。

流石に、車などには耐久レースがあるコトは、昔から知ってましたが‥‥


昨日の話ではありませんが、「そんなに上手く行く?」と思わないでもありませんが、読んでいて心が晴れ晴れする本です。

一日で、100マイル(160辧砲鯀る、それも時々、馬の健康チェックがあって、それに合格しなければ、次に進めず、完走を目指すのが第一で、無論、タイムで優勝が決まるけれども、上位で完走した馬たちの中で、一番健康だった馬に、ベスト・コンディション・ホース賞という、優勝以上の名誉ある賞が与えられ、しかも、優勝しても賞金はゼロ。

完走者全員にニッケルシルバーの(数十ドル程度の)バックルが恭しく授与されるだけという。

お金持ちの道楽と言ってしまえば、それまでなのですが、本当に馬という動物を愛していてこそ、達成出来る競技というものが在るのだとは。

でも、考えてみれば、人の一生とて極論すれば「生まれて死ぬだけ」であり、死んでしまえば自分と言う存在は無になるだけだし、生きていたコトを知っている人が亡くなってしまえば、子孫が残っている以外、自分が生きていた証など、残るコトもホトンド無いワケで。

人生をどう生きるのかと言えば、山あり谷ありでも、流れを上手く乗り切って生きてこそと思えば、ある意味人生の縮図みたいな競技なのかもしれないとも思います。

自分でして見ようとは思わなくても、知らない世界を知り、想像の中でその世界に浸れるというのは、読書の醍醐味です。

上記の本は、正にそれに合致した小説でした。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんばんは

このレース、イイですね
賞金がなくて 馬の健康状態で名誉が与えられる
素晴らしい!

これが本当の道楽だと思います

前回の感想投稿で批難投稿をしている方々とは価値観が
全く違ってるんでしょうね

応援凸凸
Posted by k-hirata at 2015年09月24日 22:36
k-hirataさん、確かに。

ともあれ、ドラマとか小説をあまりに現実とリンクさせると、面白く無くなりますから、それはそれと割り切った方が楽しいですよね。
Posted by koyuri at 2015年09月24日 23:34
こちら静岡県東部近所に競輪場、静岡市に競馬場あったかな確か?賭け事はあまりしません。生まれて死ぬだけ・・か。子供好きの僕は子供も出来ないし、お墓はあっても我が家の墓は僕の代で終わりかな?せめて100年はばれない大した嘘をついて有名になろうかな?(笑)。
Posted by 智太郎 at 2015年09月25日 20:40
智太郎さん、必ずしも血縁だけが生きた証とも限りません。

例えば、近くにいる子供を可愛がり、その子の心に智太郎さんの教えが残っていれば、それがその子の子孫に伝えられるかもしれません。

「生きた証」をどう残すのかというのは、その人の生き方に関わるとも思いますが、結局、何時かは地球にも終わりが来るでしょうしね‥‥
Posted by koyuri at 2015年09月25日 20:53
 
にほんブログ村 健康ブログへ