2015年09月30日

「難民受け入れは?」

と問われたのに、「女性の活躍、高齢者の活躍が先」と答えるとは、誰もがビックリだと思うけれども、他人の関心事よりも、自分の関心事という、首相の自己チューさが際立つ。

ともあれ、人は見たいものしか見えず、聞きたいものしか聞こえないらしい。

本日、読んだ本が、こちら。


ともあれ、この本のタイトルには、「正論」や「正解」にだまされるなと書かれている。

だが、ソコには「佐村河内守」について、絶賛していて、その時点では別に構わないのだけれども、続編も出しているので、その時には前作の自らの不明を詫びる文章は欲しかった。

特に、どちらから読んで貰っても構わないが、両方読んでほしいと続編で書くのであれば‥‥

印刷してしまってたとしても、出版時には既に明らかになっていたのだから。

些末なコトではあるが、立派な話をする人でも、無かったコトにして自分のミスを忘れてしまう人が居る。

日本は、そうして進んで来たのではあるが、流石にそれを目前に見せられるとガックリするコトも事実。

少なくとも、続編の本なら、その辺を除けば推奨可能かと。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんばんは

政治家の回答は何時も的を得ていないですね
語録集でも作るとベストセラーを作れそうな気がします

※すのこで棚を作る作業は中学の技術の授業でやりました
私はそのころから進歩が無い様です
予定ではあと3つ作ることになっています

凸凸
Posted by k-hirata at 2015年10月01日 21:15
k-hirataさん、日本国内なら許されるかもしれませんが、おそらく世界中の記者が日本を見切ったコトでしょう。

日本バッシングならまだしも、日本パッシング(無視)されそうで恐ろしいです。
Posted by koyuri at 2015年10月01日 21:45
 
にほんブログ村 健康ブログへ