2015年11月18日

本日は、あまりに忙しく

ネタにする為の本を読むだけの元気が無かったので、以前、読んでいてもブログに書かなかった本を。


何というか、自営の家に育って、自営の人と結婚したので、父親などが家に居るのが当たり前の環境だったので、正直、世の中には色々な人が居るなとは思ったのですが、それ以上でも以下でも無かったので‥‥

ともあれ、世の中には「亭主元気で、留守が良い」という言葉もありますし。

タダ、「ネット喫茶難民」に出て来た男性は、取材に応じたのがその人だけだったのか、特殊なので選んだのかは判りませんが、何故、本当に困っている人ではナイ人を、ワザワザ選んだのかという疑問があって、それも書こうという気持ちにならなかったのかもしれません。

ともあれ、何かを伝える意思とか、構成された小説よりも、作者の取捨選択があったとしても、ノンフィクションというのは、特殊であっても、現実に存在しているというだけで、それなりの存在感があります。

何かの知識を得ようとするだけでナク、時にはリアルにそういう人が存在している現実というのを知るというコトも、人生の幅を広げるのには役立つので、上記の本に限らず、ノンフィクションはブログに書かなくとも、時々は読んでます。

興味を持たれた方は、どうぞ。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

 
にほんブログ村 健康ブログへ