2016年05月06日

発達心理学を考える

「頭のよさは遺伝で決まるの?」、「発達障害ってなに?」、「性格は環境でつくられるもの?」、「子どもの可能性を伸ばすには?」といった疑問に、一つづつ答えている良い本です。


特に、「子どもの描く絵はどう変わっていくの?」というモノには、そう言われてみれば、こんな感じに変化していったよなと、子供達のコトを思い出しました。

ともあれ、ヤマアラシとモグラの家族という話には、本当に考えさせられました。

それは、モグラの家族に、冬の間だけ一緒に居させてと、一匹のヤマアラシが来たので、洞窟に入れてあげたら、狭い洞窟なので、ヤマアラシが動くとモグラが怪我するので、出て行って欲しいと言ったら、逆に「君たちが出て行って」と言われたというのですが、それに対して男の子は「その洞窟はモグラの家だから、ヤマアラシは出て行くべき」という「正義の倫理」を持ち出すが、女の子は「ヤマアラシの身体を毛布で覆ってあげて仲良く暮らす」という解決法を探す「ケアの倫理」を考えるのだとか。

そんな違いもあるのかと、ビックリさせられました‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
考えさせれますね?怒るにも人間の世界では知恵が必要だと・・例えば、現場管理中に職人がヘルメットしてもアゴひもを付けない・安全帯を付けない(今は殆ど付けてますが)・その他。見たら注意するのは施工管理者にとっては当然、文句注意しますが、職人が怪我したら「あなたは良くてもあなたの家族・知人・恋人が悲しむよ?」と現場に就く前に安全教育で伝えてます。
Posted by 智太郎 at 2016年05月06日 23:16
応援に来ただけとですたい。
明日の朝9時には長野県ハイキングへ
行きますたい!それを新たな引っ越し
ブログの一発目にしますたい。
Posted by 智太郎 at 2016年05月07日 21:47
智太郎さん、コメント二連投有難う御座います!!

誰かを思う様にしたいなら、その人が「損したくナイ」と思う様に話せという、カーネギーばりの注意の方法に感心しました。
Posted by koyuri at 2016年05月07日 22:09
昨日のコメント返しもマダなのに、今日も来て頂いて申し訳ない。

新たなブログをお待ちしてます。

長野県へのハイキング、楽しんで下さいね。
Posted by koyuri at 2016年05月07日 22:11
こんにちは

面白い、ビックリしますね
この本、図書館で探してみます
Posted by k-hirata at 2016年05月08日 09:34
k-hirataさん、知っている様でチャンとは知らない、人間の成長過程を丁寧に説明してくれているので、タメになります。

探して読んでみて下さい。
Posted by koyuri at 2016年05月08日 15:46
 
にほんブログ村 健康ブログへ