2016年05月26日

人は案外イイ加減

政治家にイライラするコトがあまりに多いのは、もしかしたら我々が悪いからなのかもと思ってしまったのは、こちらの本を読んで。


それによると、背が高かったり、見かけが良いと我々は、つい良い人と思ってしまうらしい。

例えば、ケネディにニクソンが負けたのは、ケネディがイケメンで魅力的だったからだそうだ‥‥

現在も、詐欺師的に口が上手く、ルックスがまずまずな人を政治家に選んでしまうのであれば、チャンとした政治などしてくれないのも当然かも。

娘は父親と類似の男性を好きになりやすいらしいし、自分の名前と類似の友達を持ちやすいなど、案外、人というのは自分と類似の人が好きらしい。

何だか、ちょっとガックリするけれども、そういうコトを念頭に置いて、しっかり目を開けて、人物本位でしっかりした選択をしなければ、社会は間違った方向に行ってしまうのかもしれない‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんにちは

チョット残念だけどこれが現実ですね
しっかり目を開けて選択しましょう
先ずは次の選挙ですね

凸凸
Posted by k-hirata at 2016年05月27日 10:07
k-hirataさん、サミットでカナダの首相を見ていると、やっぱりそうかと思ったりもします。

ルックスも良くて、政治力があればより好ましいですが、都知事の見苦しさを見ていると、口だけの人というのは‥‥としみじみ思います。
Posted by koyuri at 2016年05月27日 21:29
 
にほんブログ村 健康ブログへ