2016年09月18日

知ろうとしてこそ判る貧困

かなり狭められているとはいえ、最後のセーフティーネットとして、『生活保護』という制度があるので、日本の貧困は諸外国と比べると目にそんなにつかないけれども、一昨年消費税増税に合わせて、低所得層に特別給付をした数が約2400万人、この国の約四人に一人が住民税の基礎負担分を払う必要もナイほどの、貧困状態にあるという。

無論、現金収入が無くとも資産はあるという人も含まれているわけだが、申請しなかった人や、ギリギリの人、他に逃れられない出費があって、収入があっても余裕がナイという人を考えれば、大体、そんな数字になるのであろう。

行政担当者の中には、「統計に表れない層や、現金収入が限られる高齢者の増加を考えると、貧困層は3000万人を超えてもおかしくない」と述べているそうだから‥‥


上記の本によれば、生活保護費は4兆円を突破しようとしている。

学歴を手に入れようとして、無理に大学に行っても、必ずしも思っていた職に就けるワケでは無い。

しかも、日本学生支援機構の奨学金の年間の貸与額は1兆円を優に超え、返済出来ずに自己破産する人も出ている。

『修学旅行費』と『給食費』のタメに、中学生で売春しなければナラナイ現実など、世の中には子供を大事に育てナイというか、育て方を知らない親も存在する。

格差があるのは、仕方ナイけれども、貧困は撲滅しなくてはならないと言う意見を、我々は自分の問題として考えなければ、将来、自分の身に何かが起きて、自分もそうなる可能性があるのだと、何人ものこの本に登場する人々の現実が、教えてくれます。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんばんは

慈善より投資、イイ言葉だと思います

幼稚園から大学まで、教育費完全無償化が国家としての最善の投資だと感じています
このコストを心配しない家庭が増えれば少子化対策にもつながりますよね!
国力は人口と教育レベルで高められると信じてます


Posted by k-hirata at 2016年09月19日 23:59
k-hirataさん、世の中には本当に酷い環境に生まれた人も存在します。

生まれた親で人生が決まるのではナク、努力したら報われる社会にしなければ、ダメなのだろうと思います。
Posted by koyuri at 2016年09月20日 20:15
ほんとうに今の日本は格差社会が広がっていますね。
貧困層の子供の教育問題が深刻ですね。

娘の家庭は母子家庭で娘はパート収入で家計を維持してかなり苦しい家計です。来年高校受験も公立高校しか受験できず、これを承知の孫も懸命に勉強しています。

k-hirataさん、おっしゃるように教育費完全無償化になると、とても助かります。

今日のニュースで安倍首相は難民国にお金を提供するそうです。

子供を安心して生める国にならないと日本は人口減少に加え高齢者が多くなり歪な社会になりいろんな制度が破綻するようにおもいます。
Posted by takachan at 2016年09月20日 21:33
takachanさん、本当に大変な時代になりましたね。

そもそも、大企業が内部留保して、働いている人にも賃金を払うのを抑制しているのが、最大の原因だろうと思います。

国民の収入が減少しているのに、世界にお金をバラ撒いて何になるのでしょう。

まずは、自国民の生活を良くしてこそ、世の中の景気が向上し、少子化も解消して、国力が回復するというのに‥‥
Posted by koyuri at 2016年09月20日 21:41
 
にほんブログ村 健康ブログへ