2016年11月16日

守るべきコトは守らなくては

今日は、最後の仕事までに少し時間があったので、大相撲の中継を見ていたが、少し前には立ち会いの時は、しっかり手を付いてと言っていたと思ったのに、本当にチョン付きで立ち合いをする力士が多い。

特に、上位の力士の態度に対して、中継している人達も何も言わない。

長野県では、超久々の三役というコトで、結構盛り上がっているのだが、今日の相手の豪栄道がチョン付きの立ち合いをしようとしたので、待ったさせられてしまい、結局、仕切り直して負けてしまった。

タダ、その後にも、続々とチョン付きで立った人達が多くて、『真面目にやった方が損』という感じになっている。

長野県と言えば、人が渡ろうとしている横断歩道を通過した車は全国計1万26台で、そのうち一時停止したのは757台(7・6%)にとどまった。9割超の車が一時停止を無視した形だ。半数余りの48カ所の横断歩道では、一時停止率は5%に満たなかった。

翻って長野県(長野市で調査)でのドライバーの一時停止率は48・3%に達し、全国平均(7・6%)をはるかに凌駕(りょうが)するトップとなった。都道府県別のデータは公表されていないが、関係者によれば東海地方のある県が約40%で長野県に続き、それ以外の45都道府県はおおむね一桁から10%程度だった
という。

言われてみれば、今日も二度ホド横断歩道で止まったなと思うし‥‥

「思いやり」や「優しさ」で秀でるとも思えないが、結構、クソ真面目な人が多いので、自動車講習でも最高速度を厳守も大事だけど、通行の流れを乱さないコトも大事ですと、暗に10船ーバー程度は、黙認します的な発言をする方も存在しているだけに、『まぁ、そんな程度かな』とも思う。

100%にすべきと交通安全対策担当者は言っているそうだが、他県のドライバーも居るコトだろうし、逆に全部が一体的にそうなるのも、ちょっと恐ろしいかも。

それでも、融通が利かないという信州人気質は面倒な部分もあるが、流石に10%も止まらないというのは、如何なモノか。

「守るべきコトは守らなくては」と思う長野県人みたいな人は、ホトンド日本には生息してナイというコトに、驚きを感じる。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
こんにちは

横断歩道に人が居ると一旦止まるのですが、信号も横断歩道も無いところを左右未確認せずにわたってくるご老体が増えてきたことに困っています
クルマ、横断者、共に安心できる道路が実現出来る日は遠そうですね

Posted by k-hirata at 2016年11月17日 11:00
k-hirataさん、亡くなった父親は老人を見たら、『赤信号』と思えと言ってました。

横断歩道が無くても、歩行者優先の交通法規の前では、事故を起こせば信号無視以外、車が悪者になるので、困ったコトです。
Posted by koyuri at 2016年11月17日 19:24
 
にほんブログ村 健康ブログへ