2018年04月04日

もし、こんな力があるなら

今の、混迷している政治を何とかして欲しいとすら思ってしまいがちなのが、こちらの本。


世の中には、色々な人が存在していると思いますが、それを上手く書いてます。

それにしても、もう少し日本の政治は、どうにかならないのでしょうか。


上記の本は、色々と知らなかった情報も多くて、役に立ちますが、結局、産まれたら生まれたで、子育ての環境も整ってませんし。

少子化の改善など、夢の又夢。

現実が辛過ぎるとなると、逃避したくなる気持ちが充分理解出来ます。

本当は、キチンと向き合って、解決すべき問題なんでしょうが、中々、どうにもナラナイでしょうし。

本日、疲れて更新が遅くなり、申し訳ありませんでした。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 23:46│Comments(2)
この記事へのコメント
こんばんは

少子化は国難ですね どうにかしないとイケナイと思っているのですが、どうすればいいか分かりません
良い策を打ち出す候補者が現れれば、是非一票を投じたいです

※牡蠣の季節が終わると、なんだか寂しいです
今年はよく食べました!

凸凸!
Posted by k-hirata at 2018年04月05日 22:05
k-hirataさん、少子化になっているのは、労働者が持っていた権利が剥奪されているのが、最大の原因ではないかと。

本日の本に描かれる様な、違法経営者の存在をドンドン取り締まって、例え非正規でもチャンと暮らせる社会にならなければ。

そもそも、幸せな暮らしを多くの人々が出来ないのであれば、次世代をとは思わないのではナイでしょうか。

裕福ではナクとも、多少のゆとりのある生活を政治家が創ろうとしなければ、少子化は継続すると思います。

Posted by koyuri at 2018年04月05日 22:35
 
にほんブログ村 健康ブログへ