2018年04月05日

東大卒でも貧困ワーカー

今や、労働力を買い叩く時代である。

故に、相手が東大卒であろうと事情は一緒。

その結果をレポートする理解を得れるだけには、役立ったとは言えるのだろうけども。


親の介護のためにテレビ局を辞めたら、待っていたのは非正規社員として働くしかナイ世界。

中には、無理難題を押し付けて、途中で帰らすコトにして、一銭もお金を支払わないとか、本当にエゲツない職場すら在る。

世の中に存在する過剰サービスを要求する人々にも、著者の目は向けられる。
「おもてなし」は卑屈さと表裏一体の関係にある。おとなしく従うことを美徳とする価値観では、酷使される労働者が、法律にのっとった正当な要求すらできず、違法な労働条件に黙々従うことになる
お金を持っている者達だけが、自分の強欲を貫徹出来るという、今の間違った風潮を、法律まで変えてでも、政府は後押ししようとしているが、結局、自分とは関係ナイと思っている内に、日本人のホトンドが労働力を搾取されそうな日々が、ソコまで来ているのである。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 22:30│Comments(2)
この記事へのコメント
こんばんは

一度正社員でなくなれば、中々もとには戻れないですね
元同僚たちを見ていてリアルな現実を多く見てきました
介護離職、パワハラ、不条理を感じます

人が豊かでないと会社も社会も国も豊かにはなれない
皆で考えねばならないと感じています

凸凸!

Posted by k-hirata at 2018年04月06日 22:25
k-hirataさん、人が豊かでないと会社も社会も国も豊かにはなれないという正論が、まかり通らない社会に絶望を感じます。

より多くの個人が幸福になってこそ、社会全体が幸福になれるんですけどね。
Posted by koyuri at 2018年04月06日 22:40
 
にほんブログ村 健康ブログへ