2018年04月06日

人生は大変な事もあるけれど

小説ではあるけれど、親と子などの問題を考えさせられるのが、この本。


不器用だけど、家庭裁判所調査官の仕事に取り組む新人のお話です。

人生には、思いもよらない場合もあるというコトを、考えさせてくれる一冊です。

中身については、あまり書けないので、違う話を。

今、舞鶴市の市長が土俵で倒れた時の話題を、女性問題と絡めて色々と問題視されていますが、誰も指摘しないけれど個人的に不満なのが、「どうして、女性を土俵に上げたくナイと思うのならば、万が一の為にと男性の医師若しくは医療従事者を巡業などの時に、相撲協会は帯同させなかったのだろう」というコト。

別に、相撲協会はお金に困っているワケでも無いのだから、来賓や大勢の観衆をお迎えする立場にあるのだから、当然、それ位の準備があってしかるべきではないのかと思ってしまいます。

どうも日本は、リスクに対して準備が足りないと思います。(原発事故をみてもそうですが‥‥)

ちなみに、女性をタブー視するのであるならば、不満な女性は相撲を見に行くのを止めて、意思表示をすれば良いのにと。

娘にそう言ったら、江戸時代は観客も男性のみだったけれど、それでは興行収入が頭打ちというコトで、明治になってから観客なら女性でも受け入れるというコトになったとネットで調べて教えてくれました。

別に、個人的には土俵に上がりたくも無ければ、生で相撲を見に行く元気もナイので、正直、どうでも良い話なのですが、少なくとも伝統を守りたいと考えているのであれば、ケチケチせずに、準備万端にすべきだろうと思います。

少なくとも、映像で見る限り、舞鶴市の市長が倒れた時には、周囲の男性はオタオタしているだけで、余程、看護師の方の方が男前でキビキビ動いてました。

切羽詰った時には、案外、男性よりも女性の方が思いきりも良く、肝が据わっているので、役に立つ場合もありますし。

何にしても、相撲協会も色々と過去からの問題が山積しているのですから、良い機会と捉えて、時代と共に歩む努力は必要ではないかと。

穢れというコトで言えば、女性よりも死に直面する方が、より大きな穢れというコトすら、自分の頭で考えられないというのは、どうなんでしょう。

理解に苦しみます。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 22:36│Comments(4)
この記事へのコメント
こんばんは

おっしゃる通りです
女性を土俵に上げられないということであるなら、男性の医療従事者を興行先に配置すべきですね
女性が上がれない土俵や、男性が入れない沖縄の神事など、守り続ける理由のあるものを継続するには、それなりの準備が必要だと思います
相撲協会はここまで問題が続く状況では、外部からの人材での運営に切り替えるべきだと思います

凸凸!

Posted by k-hirata at 2018年04月07日 23:45
今回のこと、あまりにも「相撲協会」の固定的観念が問題です。
屁理屈ですが神事に女性は排除。こんなことありません。

巫女さんもいれば神様に仕える女性もおります。
神様は決して女性を排除はしていません。

ですから「相撲協会」は時代に即応した考え方をしていかなければ大衆はついていきません。

それにしても今回の土俵に上がっての看護師さん見事な救命処置でした。
周りでオロオロする男たち・・・。やっぱり女性は凄い!
Posted by takachan at 2018年04月08日 09:59
k-hirataさん、日本は変な言霊信仰があって、リスク管理がなされてナイ、ダメダメな失敗が連続している様に感じます。

「転ばぬ先の杖」で、万全の態勢をしていれば、何も問題は起きないのに、泥縄ばかりでため息が出ます。
Posted by koyuri at 2018年04月08日 19:51
takachanさん、沖ノ島など女人禁制の場所が存在するのも、ある程度は仕方がナイ部分もあると思いますが、自分達の準備不足で、失態を繰り返しているというのに、反省してないというコトが、最大の問題だと思います。

要するに、伝統に甘えて、自己研鑽を怠っているだけだと思います。
Posted by koyuri at 2018年04月08日 19:57
 
にほんブログ村 健康ブログへ