2018年06月16日

村上春樹という小説家

正直、村上春樹という小説家を絶対に嫌いではナイ。

と言って、好きかと聞かれると考えてしまう。

でも、本が出ると読まずに居られないのに、ストーリーを覚えているかと聞かれると、ホトンド忘れてしまうという、実に不可思議な存在。

でも、この本はかなり考えさせられたので、結構、長く心に残りそう。


それにしても、海外の生活が長かったのは、日本での風当たりが強かったからとは驚いた。

不思議な文体で、不思議な小説ではあるが、とても面白いと思っているので。

特に「学校について」という回は、絶対に読んで頂きたいかと。

「効率」を重視したが故に、疲弊してしまった日本の問題点を的確に指摘している。

これからも、秀逸な小説を書き続けて、楽しませて頂けるのを心待ちにしています!!
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 22:50│Comments(6)
この記事へのコメント
こんにちは

「学校について」、読んでみたいです

このブログで紹介されていた本の幾つかがボチボチと届いてきています
昨日は「なぜ7割のエントリーシートは読まずに捨てられるのか?」を読んでました
「失われたミカドの秘紋 エルサレムからヤマトへ-」も落札してるのですが、届かず・・・・
初のオク未着トラブルになるかもしれません
「江戸の粋」の出品はまだ見つかりません

何時も本の調達への参考にさせていただいて、助かっています
ありがとうございます

Posted by k-hirata at 2018年06月17日 14:00
読書をしない僕も、村上春樹さんの本は読んだ事があり、読みやすい本だと思いました。村上春樹さんは「学校について」を視点にあげ、日本の問題点を的確に指摘した本が出てるのですか。僕も気になりますが、資格二次試験勉強が終わるまでは、読めない近況です。
Posted by 智太郎 at 2018年06月17日 14:22
k-hirataさん、フリークな人なら過去に読んだと思う部分もあると思いますが、結構、面白い本でした。(これは読んだエピソードと思う箇所もあったので)

小説を読んでナイ人でも、充分色々と考えさせられる本かと。

オークションには未着トラブルがあると聞きますが、本当なんですね。
Posted by koyuri at 2018年06月17日 19:27
智太郎さん、何時かお暇な時に読んでみて下さい。

今は、大変でしょうが、合格への道を歩まれるべき時ですし。
Posted by koyuri at 2018年06月17日 19:29
こんばんは

未着トラブルになるか?と思われた本は、オクの制限期間ギリギリで発送連絡が入りました
無事に届くかはまだ分かりませんが、少しだけ前進しています
落札する前に出品者評価をチェックしておかないとイケナイですね

Posted by k-hirata at 2018年06月18日 23:04
k-hirataさん、あまりネットでは買い物をしないので、驚きました。

ともあれ、無事に届くコトを祈ってます。
Posted by koyuri at 2018年06月18日 23:39
 
にほんブログ村 健康ブログへ