2018年08月01日

経済学で推理可能?

という、かなり特殊なミステリーがこちら。


もう、かなりのジャンルがミステリーとして描かれているので、新しいジャンルに行かないと、かなり難しいという意味では斬新。

流石に、ミステリーものは、あまり色々と書き込むワケには行かないのが、辛いトコ。

「ナッシュ均衡」という経済学の知識を、ミステリーを読んで得られるとは思いませんでしたが。

ともあれ、今はどんな企業でも、生存競争の時代になっているから、生き抜くのが大変な時代になっているからこそ、書けるミステリーかも。

そういう意味では、昔の知恵比べみたいなミステリーの時代は、のどかだったのかもとすら思います。

「歌は世に連れ」などと言われますが、「ミステリーも世に連れ」というコトなのでしょうか‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 22:24│Comments(2)
この記事へのコメント
こんばんは

ナッシュ均衡、囚人のジレンマだったかな?
間違っていたらごめんなさい

これをミステリーに持ち込むとは斬新だなと思いました
作家の方は色々な素材を勉強して探し出してくるのですね

※はるちゃん♪の甚平、柄がアンパンマンのキャラになっています
カワイイです

凸凸!
Posted by k-hirata at 2018年08月01日 23:59
k-hirataさん、ナッシュ均衡の代表例が囚人のジレンマで、現行の戦略を変えることによって優位に立つことが、互いに不可能であるという状態が、この作品の核心です。

ミステリーなので、あまり書けないのが残念ですが。

※可愛らしい甚平、良く似合ってますね。

Posted by koyuri at 2018年08月02日 20:30
 
にほんブログ村 健康ブログへ