2018年08月27日

世代を分断してはイケナイ

エジプトの古代史跡にすら、「今の若者は‥‥」という愚痴らしきものが書かれているという話を、昔、聞いたコトがある。

当然、そう言われて嫌だと思う世代は、「今の老人は‥‥」と言いたがるモノ。

そうして、各世代を分断した方が、為政者は政治をやりやすいだろう。

世代だけで無く、インドにおけるカースト制や江戸時代の士農工商みたいに、階級で分断する方法も世界各地で行われている。

その手に乗るのは、マズイのではないかという本がこちら。


上記の本に指摘されるまでもナク、世代で十羽一絡げにされて論じても、必ずしも意味をなすとは思えない。

どの時代にも、時代に乗り遅れて貧乏くじを引かされる人も居れば、上手に世渡りする人も居る。

社会としての問題は、自分の力で社会を生き残れる人はともかく、社会で損させられて生きて行くのが大変な人に対して、どう手助けして行けば、将来の社会に問題を先送りしないで済むかという点にある。

薄給で生きて行くのにカツカツで、次世代を育てる余裕も無く、将来に絶望する人が増えれば、社会が不安定になるのは、昔から。

社会の安定の為にも、社会福祉が大切なのであるが、今や企業などが福利厚生を薄くしているので、社会保障が必要な時代になっている。

そもそも、本来は企業がすべき事を、社会が肩代わりすべきなのかとか、肩代わりするのであれば、しっかり保障して、未来にはその芽を出させる事が無くなる様にすべきであろう。

結局、「世代論」が受けるのは、世の中の要望に沿っているからであり、売れるからであるという著者の主張はある程度受け入れて、世代が団結して、世の中がもう少しでも良い方向へ向かうべきではなかろうか。

そもそも、色々な階層や世代に分断して、不満をぶつけ合わせるコトこそが、社会問題に目を瞑らせる最大の方法だと、為政者は考えているのだから。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 21:36│Comments(2)
この記事へのコメント
こんにちは

色々な階層や世代に分断して・・・・小さな会社組織の中でも使われています
派遣や非正規に比べれば、好待遇である!
そのように、社員に思わせて、妥協させる
組織運営の一手法として定着しています

分断、警戒すべきですね 目を曇らせてはイケナイ!

凸凸!
Posted by k-hirata at 2018年08月28日 13:53
k-hirataさん、確かにそうですね。

正規対非正規で分断させて、経営者が利益を得るという問題も有ります。

他者理解こそが、他人に安く使われないコツかもしれませんね。
Posted by koyuri at 2018年08月28日 14:12
 
にほんブログ村 健康ブログへ