2018年11月13日

介護に行き詰る人々

最近、夜はホトンドTVを見ないので、知らなかったのだが、一昨年放映された番組の書籍化されたモノを読んでみた。


何年も、家族介護している当事者として、そして何年も前に子供が居なかった認知症の叔父を見送った一人として、実に身につまされる話であった。

そもそも、亡くなった叔父と主人の母親とは同じ年の生まれだったのだが、先に叔父が認知症になったので、主人の母の認知症の発見はかなり早かった。

叔父の場合は、初めての認知症というコトもあり、そうだと確信したのは、かなり症状が重くなってからだった。

叔母は、独りで一生懸命見ていたが、精神科に行ったあたりから、本当に変になってしまって、結局、最後は違う精神病院で最期を迎えたのだが、入院するまでには、本当に色々なコトがあり、主人や兄は特に大変な一夜を明かしたコトもある。

ともあれ、主人の母親は早期に認知症を疑い、早目にディ・サービスに通って来たけれど、結局、ボケで行くのは誰にも止められナイ。

徐々に、徐々に悪くなっている。

それでも、進行は遅い方だとは思うけれど、流石に九十歳を過ぎて来ると、ボケてなかった実の父親も一気に認知症が進んだりして、九十六歳で天に召された。

ともあれ、認知症の人を何人もで見ているから、まだ何とかなっているけれど、もしたった一人で見ていたら、スグに行き詰ってしまっただろう。

施設なども考えてはいるけれど、本人は家に居たいと言っている以上、中々、踏ん切りもつかない。

おそらく、こういう人は各地に沢山居るのではないかと思う。

消費税が上がったとしても、当初とは違って、様々な部署に配分されて、介護などは手薄なままになる可能性が高い。

真面目に介護したからこそ、追い込まれてしまう人達をどうするべきかというコトを真剣に考えなければ、この先、介護不能になった人々は路上に放置されかねない。

殺人を犯すよりは、介護せずに棄てた方が、罪は軽くなる可能性が高いから。

そういう社会になってから、慌ててももう間に合わなくなっているだろう。

もう少し、真面目に社会保障をどうすべきなのかを、社会全体で考える必要があるのではないかと思うのだけれど‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 21:50│Comments(2)
この記事へのコメント
こんばんは

ショッキングなタイトルですね
真面目に介護する人達ほど追い詰められているのでしょうね
明日は我が身だと考えないといけませんね

※紅葉と菊と並んで、まだまだ秋を愉しんでいきますよ!
柿と秋桜がいい時期になってます
引きこもる冬の前にボチボチと歩き回ってます

凸凸!
Posted by k-hirata at 2018年11月14日 00:12
k-hirataさん、なんでもホドホドにしないと、自分が終わってしまいます。

ともあれ、介護経験がある人なら、あそこまで認知が進んだ人を一人で介護してたら、当然追い詰められてしまうだろうと思いました。

※こちらのコスモスは終わりに近付いてますが、まだ頑張って咲いているモノも、多少残っています。

柿は既に収穫が終わりつつあります。
Posted by koyuri at 2018年11月14日 21:35
 
にほんブログ村 健康ブログへ