2018年11月25日

小説の中だけなら

こんな話も、許されるとは思いますが‥‥


ともあれ、強力な武器を手に入れたら、使いたくなるのが人間というモノ。

報復には、報復というコトになって、世界が滅亡してしまえば、元も子も無くなるという気がします。

タダ、読んでみるだけの価値はある小説かと。

戦争になれば、一部の人以外の大部分の人は、破滅的になるのは間違いありません。

景気が悪くなり、自国でナク、他国頼りになると、戦争は起こりやすいモノ。

現在も、そうした状況にあるのは間違いありません。

だからこそ、『自衛以外の戦争はしない』という意思を、しっかり持つしかナイのでは。

実際に、戦争を知らない人が増えて来ただけに、戦争への欲望が徐々に燃え始めているとは感じます。

世界中で、経済の起爆剤としての戦争の火が耐えたコトはありませんし。

それでも、だからこそ、自制心を持って、戦争に対して「No!」と言うしかナイのではないかと思うのですが‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 22:31│Comments(0)
 
にほんブログ村 健康ブログへ