2019年05月14日

気分転換に

真面目な本ばかり読んでいると、憂鬱な気分になるので、今日は後半から軽い本に変えました。


この話の前作より、かなり面白い。

世の中、ウジウジしている人々があまりに多くなり過ぎなので、完璧、オバタリアンの中島ハルコの言動にスカッとする事が多い。

タダ、設定通りに、まだ53歳なの、という気もしてしまうのだけれど。

何と言うか、考え方は既に還暦過ぎの人みたい。

パワー全快の、団塊の世代に近しい感じもしますね。

競争の時代を生き抜いて来た人々のバイタリティは半端じゃナイので。

ともあれ、行動的なので、この年齢にしたのかもかと思わなくもナイのだが。

ともあれ、相談相手を滅多切りしているけれど、深読みしてわざとそうしているなんて芸当は、もう今の日本では死滅しているかも。

今は、他人に嫌われない様に、空気を読み過ぎて、結局、当たり障りのナイ事ばかりの付き合いをしているので、相手と本格的なコミュニケーションが成り立たず、正しいアドバイスなどしない人が多く。

悩める中年の女性には大うけするコト確実。

その時代を過ぎた年齢の人なら、単に面白い話という感じかもしれませんが‥‥

午前中に読んでいた、かなり疲れる本については、明日書くのか、このままスルーするのか、正直迷ってます。

「負」のパワーの強い本は、こちらの体調が良くナイと、無理なので。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 22:10│Comments(2)
この記事へのコメント
こんばんは

たまにはこのような本もいいですね
「パワー全快の、団塊の世代」カッコよく感じています
でも段々と元気な団塊世代の方が減ってきているように感じています
この本読んでスカッとしてみたいです

※自動車関連税は正に2重3重の重複課税となっています
若者の車離れはこの関連税の大幅減税できっと解消すると感じています

凸凸!
Posted by k-hirata at 2019年05月14日 22:40
k-hirataさん、団塊の世代の方々のパワーには、何時も感服しています。

そういう人々の減少こそが、日本の衰退を招いているのではないかと思います。

ちなみに、息子は新たな資格を取ろうと、二校目の専門学校に行ってますが、高卒の人達には、自動車免許を持っていると答えると、下手すると尊敬されてしまいそうに感心されると驚いてました。

地方では、高卒と共に免許取得がスタンダードなのですが、どうも今や必要となってしか、取得しないという風向きになりつつあるみたいで‥‥

若者の車離れ、根が深そうですし、消費の停滞が継続している感じで、とても恐ろしい時代になって来ている様な気が。
Posted by koyuri at 2019年05月15日 14:19
 
にほんブログ村 健康ブログへ