2021年09月19日

日本は年寄王国に近づく

65歳以上の高齢者は、既に人口の三割ほどになっていて3640万人、65歳以上の就業者数は906万人で過去最多だという。

逆に、15歳未満の子どもの人口推計は1493万人で過去最少だと。

この先の、少子高齢化は着実に進んでいる。

高齢者の就業者数の増加は、本人が進んで働くのは喜ばしいが、余裕が無いので働くというのは大変なコト。

前にも書いたけれど、国民年金の給付水準は将来的に三割ほど減額され、満額でも月に65000円程度から月に45500円程度になると言われている。

厚生年金も、多分減らされると思うので、これからの人々は死ぬまで働くのが、より普通になるかもしれない。

今は、四分の一しか働く必要はナイのだが、徐々にその比率が上がって来るのだろう。

将来的に、本人が進んで働くだけで、余裕が無いからという働き方を無くせれば良いのだが、多分、そうはならないだろう。

日本人の雇用賃金が上昇すれば前提が崩れて、未来は明るくなるのだが、どうも今の総裁選を見る限りでは無理っぽい。

アメリカは最低賃金を上げる方に舵を切り、高所得者に増税する方向に行くのではないかと言われているが、日本はどうなって行くのか。我々も真剣に考えないと、歳をしてから『こんなハズでは』と思うのでは遅すぎる。

自分だけは大丈夫という空虚な期待を持たずに、全体的に何とかなろうとしないと、全体的に皆で駄目になる時代はもうソコまで来ているに違いナイ。
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 19:35│Comments(4)
この記事へのコメント
少子高齢化は進み、日本の将来が不安に感じます。
僕等が老人の時に日本の福祉の金は何処から?
子供が居ない我が夫婦は不安もありますが、親から相続した財産で老後を何とかするしかないですよね。
Posted by 智太郎 at 2021年09月21日 06:25
智太郎さん、普通の人は老人になったら、今の老人の様には暮らせないでしょう。

日々、自分自身で健康に気を付けて、身体に良いと思われる野菜や肉や魚をバランス良く摂取し、過剰にナラナイ程度に運動し、必要な薬は飲んでも不必要な薬は飲まず、精神的にもクヨクヨしないで健康に過ごすコトに尽きるのではないかと。

とりあえずボケないでいれば、何とかなると思って、ピンピンコロリを目指して行くしかナイと思います。
Posted by koyuri at 2021年09月21日 14:59
こんばんは。

私は自営業者なので元々年金は定年まで働く方よりもグンと低くなると予想していました。
やはり自衛策を若いうちに始めなければならないんだと、昨今改めて実感しています。

凸凸!
Posted by k-hirata at 2021年09月22日 00:04
k-hirataさん、夫婦共に国民年金+極僅かな厚生年金なので心配するコトもありますが、とにかく健康になる様にお金を掛けてます。

自分のコトを自分で出来れば、老後もそんなにお金は掛からないと思います。

タダ、病気や認知症を発症すると大変です。

頭を鍛えたり、身体を柔らかくするコトに、気を付けて行きたいと思ってます。
Posted by koyuri at 2021年09月22日 15:49
 
にほんブログ村 健康ブログへ