2022年04月03日

日本企業と政府の失敗

ジャパン・アズ・ナンバーワンと言われたのは、1980年代。

なのに、ドンドン日本企業の地位の低下は著しい。


この小説は、誰だってモデルの企業が類推されると思われる。我々世代だと、「光る光る〜」というCMソングが真っ先に思い浮かぶ大企業だが、会社の寿命は必ずしも続かない。それは、優秀な人だけを採るから、没落が始まると書いたノンフィクションを思い出す。

廃れ行く原発に足掻き、自ら衰退を迎えようとしている企業と、日本政府を見ていると、今後の日本の展開も思いやられる。昔は、政治が二流でも、経済が一流だから大丈夫などと言っていたが、そんなことは無く、泥沼にハマっている。

革新的なコトをするよりも、失敗しない方が良いと思っていては、新しいモノは生まれない。

しかも、根本的な勉学をまともにしないで、スグに成果を求めても無理というモノ。

付け焼き刃の学習より、基礎的な学問を大事にして来なかったツケが回って来ているのだろう。

昔は、「赤信号みんなで渡れば怖くない」と言われたものだが、今や、「皆で一緒に貧しくなろう」と言われているみたいで、寒気がする。

日本の行く先が、お先真っ暗にナラナイ為にも、十年先・二十年先を考えるべきなのだろうが、逆に復古主義の教育になろうとしている現在を思うと、気が重い‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 19:40│Comments(6)
この記事へのコメント
こんばんは。

皆で貧しくなろう・・・まさに今の日本はそんな雰囲気ですね。
五輪で来日していた海外選手たちが「日本のランチは安い」と驚いていたと聞いて行き過ぎたデフレを実感しました。

※自宅近辺の桜は葉桜になってきました。
舞う桜をあと数日、愉しんでおきます。


凸凸!
Posted by k-hirata at 2022年04月05日 01:14
k-hirataさん、同じ作家の「デッド・オア・アライブ」を読んでも、似たような感想になると思います。

税金で国民を救うのではナク、間違った使い方をしても、平気なのですから。

「水素ステーション」など、無駄遣いだと言い切る勇気のナイ人が多くて‥‥ちなみに、佐賀県にはEVの補助金が真っ先に着いたとその本で知りました。

普通に考えれば、当たり前に解るコトが、高得点を得る事が人生の目的になっている人達は、スグに判断が間違っていると気付けないのか、気付きたくナイのか‥‥

※今日は暖かいので、隣りの梅が一気に満開になりました。
Posted by koyuri at 2022年04月05日 16:47
こんにちは。
コロナ禍においてロシアによるウクライナに対する軍事侵攻が続き悲惨の中、各企業へ対する日本政府の対応のやり方は正しいのか間違いなのかは、時が経たねば答えは分からずですね。
ともかく、悲惨な戦争は早く終わって欲しく常に願っております。
Posted by 智太郎 at 2022年04月08日 14:52
智太郎さん、戦争を止めようとするなら、サハリン2の中断を決意するべきでしょう。

ビクビクしていれば、日本は脅しが利くと思われます。

マズは終戦に持ち込まないと。
Posted by koyuri at 2022年04月08日 21:54
こんばんは。

今日は父の一周忌でした。
久しぶりに会う親戚と共にお寺さんのありがたい説法を聴いていました。
人が集まってる光景を見て、4月12日は鎌倉が13人の合議制になった日だと思い出しました。
次に集まるのはやはり仏事なんだろうなぁ。

凸凸!
Posted by k-hirata at 2022年04月12日 23:43
k-hirataさん、一周忌お疲れ様でした。昔から、結婚式は一度で終わるが仏事は何回でも有ると言われています。タダ、そうやって徐々に忘れていくからこそ、普通に生活出来るのではないかと。

死なれた時のショックを、段々と忘れていかないと、生活が辛過ぎます。慶事はイイですが、仏事はもの凄いストレスになるので、大古の昔から考えられて居るのかもしれませんね。

義母も、今年の夏で97歳。マダ、元気で居て欲しいです。
Posted by koyuri at 2022年04月13日 20:04
 
にほんブログ村 健康ブログへ