2022年04月14日

円安は続く

日本に変動相場制が導入されて、1ドル360円だったのが最高値は70円台後半までになった。

「ジャパン・アズ・ナンバーワン」が1979年に書かれた時の相場が、1ドル200円辺りだったのでそういう意味では、マダその時よりは円高なのかもしれないが、あの頃は高度成長期でその後バブル期を迎える時期だった。

でも、今は団塊の世代も老人になって来て、ホトンドが年金受給者で、極稀に経営のトップに君臨している。

それで、日本経済が立て直せるかと言えば、無理というしかナイだろう。残念ながら。結局、日本は内需の拡大を疎かにしたツケが回っているのだと思う。


十年以上も前に、上記の本が出された。大和銀行の専務だった父と、その息子の話である。

昔から、確かに格差は有った。タダ、日本は益々労働者を安く使おうとするだけで、再生産の発想が無かった。

政治家は、「今だけ、自分だけ」との人が多く、その思想に官僚も経営者も引きずられて来た。

真面目に働いても、適切な給料を貰えない人達を沢山生み出して、何とか日本はズッて来たけれど、それが国を弱くした。

労働者の権利を弱くするだけの政策を止めて、日本人を大切にする。それだけでナク、新しい発想や展開無くしては日本は世界から取り残される。十年一日の如しのマンネリを世界に見透かされての円安ではナイだろうか。

今後、130円までの円安は有り得るだろう。そこで、マスマス日本が落ちぶれるか、逆に立ち直れるかが決まって来ると思うのだが‥‥
人気blogランキングへ←応援よろしくお願いいたします

Posted by seitaisikoyuri at 21:38│Comments(6)
この記事へのコメント
koyuriさん、こんばんわ。
お疲れ様です。
今年はチューリップも撮影したのでいずれ紹介致します。
円安とか円高とか経済はさっぱり分かりませんが、戦争や疫病のまん延など将来が暗くなるばかりですね。
ウクライナはどうなってしまうのでしょう…。
Posted by 俊樹 at 2022年04月15日 18:27
俊樹さん、写真期待してますね。

ともあれ、日本は外交など交渉事が下手だと思います。

世の中は、最初はどっちつかずにするにしても、突き詰めればどっちを選ぶと、ハッキリさせないと、ズルズル行ってしまいます。

コウモリみたいに全ての動物にソッポを向かれた話も童話にありましたが、あっちにフラフラ、こっちにフラフラでは、信用を無くすのでは。

ウクライナは持ち応えて居るので、早晩打開策が見えて来るのではないかと‥‥
Posted by koyuri at 2022年04月15日 21:33
こんばんは。

為替は国力のバロメーターだと言えます。
少なくとも今は周りから期待されるような経済力は無くなっています。
円高も円安も過度に進む時は政治や経済に問題がある時。

理想は1ドル〇円だと決めて行動しなければ流されていくだけです。
内需を拡大しつつ他国と争わずに済む水準、国民皆で考えるべきだと思います。

凸凸!
Posted by k-hirata at 2022年04月17日 00:31
k-hirataさん、日本人は節約を美徳として生きてきました。

タダ、節約しても節約しても、税で奪われてはどうにもなりません。しかも、税金で自国民を生かすのではナク、政治家とその周りを裕福に生かして、それ以外は切り捨てられいます。

オリンピックの感動はその時限りですが、負担は続きます。その反省も無く、冬季五輪を招くのは、何故なのかと考えれば、理解出来ると思うのですが、自分で考えるコトを止めてしまうと、流されて行ってしまいます。

行き着く先は、敗戦国になりかねません。円を擦り続けるだけでは、問題は解消しないと気付くべきです。
Posted by koyuri at 2022年04月17日 11:14
こんばんは。

コメ欄を見るまで、東京でオリンピックがつい最近行われていた事をすっかり忘れていました。
言われる通り、オリンピックの感動はその場かぎりですね。
冬季五輪誘致、不要です。

凸凸!
Posted by k-hirata at 2022年04月18日 22:23
k-hirataさん、日本は無尽蔵に御金が有ると思っている人が多いのではないかと。

確かに、オリンピックも出来て、防衛費もアップすれば良いと思う人も存在するとは思いますが、輪転機で御金は刷るコトは出来るでしょう。

でも、円の価値は毀損されて行きます。ハイパーインフレになって、国の借金が小さくなったとしても、個人として普通に生活出来る人はどれだけ存在するか不明です。

その場の雰囲気に飲まれて、大丈夫だろうと安易に決断するのは、とても危険です。
Posted by koyuri at 2022年04月19日 16:04
 
にほんブログ村 健康ブログへ